本文へ移動
ブレーキ分解整備点検はディーラーでもオプションになっている様ですね
2020-12-22
ディーラー車検や法定点検でブレーキの点検整備をしない
 
ディーラー関係者でも否定する人もいるが肯定する人もいる
 
車を見れば結果は一目瞭然 必要な点検整備はされていないことが圧倒的
 
その状態でも一般的に車検は通ります
 

  
新車1年のフロントブレーキキャリパー 左は部品組み付け時の油脂類が清掃されていない
 
ブレーキオイルが漏れているのか判別できない。ディスクパット接触部のグリスが保持できない
 
反対側は正常 ピストンが錆びているのは気になりますので弊社は特殊グリスを給油
 
ディスクキャリパーを分解しないと発見できない ブレーキを分解整備しないことの多い
 
ディーラー車検では発見できない。
 
 
左 下記に後述している点検整備給油が完璧な自分のエスティマACR55W 2016年
 
ディスクパッドの厚みの差は0.1ミリ以下 動きもスムーズ
 
右 2年目のトヨタノア ZRR85 下記の整備が不十分なため厚さは1ミリ以上差がある上
 
引きずっている 安定した走行は望めないが新車状態はこの状態
 
 
左 ほとんどの車に使われているスライドピン スムーズに動くことが必要だがグリスが堅く
 
固まっている ブレーキがきいている状態で固まるとブレーキの引きずり 燃費も悪い
 
効いていないときに固まるとブレーキのききが弱くなる 
 
 
ディスクパッドの摺動部分 指で簡単に動くことが必要だが、この状態では
 
工具でこじらないと動かない。
 
整備解説書では、給油は廃止される方向にあるがグリスの間違いを恐れているのだと思います
 
適切な給油によって本来のブレーキ性能となる 弊社では「あんしんコース」で対応しています
 
 
Z12日産キューブ 24000キロ リース整備車両 スライドピンは問題ないがパッドグリス給油は
 
リース会社意向により行われていない 内側5.92mm 外側7.5mm 上記2台とは違い
 
ディスクパットを開くスプリングもついているのに。このような状態では当然効きも落ちる
 
車検は通りますが安心して走れる方がよい思います どちらにするかはお客様の選択です
 
 
 
  

  
ブレーキ点検しなくても車検が通る..これを改善しないと安心な車検は戻らないでしょう詳細はこちら
 
ディーラーメンテナンスパックは安心で安いのか?詳細はこちら
  
新車納車前にブレーキ整備 時代は変わった 詳細はこちら
  
ブレーキ分解点検整備給油はディーラーでは弊社と違いオプション扱い重要です詳細はこちら
  
ブレーキの特殊グリスを間違えるとブレーキがききっぱなし日産ジューク詳細はこちら
 
一昨年くらいからの新車のブレーキ トラブル多くなっています詳細はこちら
 
新車1年ブレーキ当たり不良 ダイハツタント詳細はこちら
 
新車1年でブレーキ引きずり カローラスポーツ詳細はこちら
 
有限会社 矢口自動車修理工場
〒398-0002
長野県大町市大町2917
TEL.0261-22-3100
FAX.0261-22-3101

車検
新車販売
個人向けリース
新車リース
個人向けリース
いまのりくん
耐エンカル塗装5年保証
法定点検整備
特定整備
タイヤ、バッテリー、オイル
車体防錆、鉄粉除去
コンピュータシステム診断OBD
自動ブレーキ等エーミング
フロントガラス修理 交換
ガラス、ミラー、汚れ清掃
ヘッドライト曇り特殊研磨
マフラー溶接修理
エアコンガス交換 クリーニング
除雪機 除雪車

大町市、安曇野市、白馬村、
松川村、池田町
0
0
1
6
7
2
TOPへ戻る